「A列車で行こう9 Version 4.0 MASTERS EDITION」を使って、架空都市開発・架空鉄道経営(=ジオラマ制作)に取り組んでいます。
管理人ブログ

未分類

田舎も開発したいのですが…

開発中の都市マップに加えて、それぞれ南北につながる(脳内)設定のマップも原型を作ってみました。 北は山岳地帯で、南は島嶼部です。むりやり画像をつなぎあわせているだけで、ゲーム的には何の連携もありませんが、大都市につながる …

第1回たまには開発停滞について真剣に考えてみよう会議

前回の更新から約1ヶ月が経過。ちょっとご無沙汰していました。が、もちろん開発は続けています。 人口は75710人。まだ10万に到達していません。 駅周辺に資材を配置して、バンバン列車を走らせて、乗客を運んでいますが、まっ …

失われたスイッチバックを求めて

どうしてもこれを作りたかったのです。 手前の駅(仙人峠駅)の位置が標高30メートルで、中間の折返し線が標高50メートル、最終的には70メートルの高さまで登ります。仙人峠駅をスイッチバック駅にする手もありましたが、どういう …

人口が増えません

開発中の川島市。見た目はそこそこ大きな町になったようなんですが、人口はまだ6万人あまり。 住宅の比率が少ないからでしょうか。 主要な鉄道路線の配置はほぼ終わったので、各地の駅近辺に資材を置いて自動発展を促しつつ、市街地縁 …

飛行ルートの地形変更はNG

名前に比べてみすぼらしいと悪評高い「国際空港」ですが、設置した後で、困ったことが起きました。 飛行ルート下の地形の変更がまったくできないのです。 滑走路の延長線上には高度制限が設けられており、建設物はその高さと滑走路端か …

斜面の岩肌にはどうしても我慢できない

マップコンストラクションでは土地の造成がつきものですよね。「A列車で行こう9 Ver.4」では標準のEDIT機能で造成ができます。 ところが、これ、いろいろ不満もありまして……。ちょっと斜面が急になると、その部分のグラフ …

A9LOTで地形編集

鉄道道路併用橋を使って海を渡ります。 瀬戸大橋と同様に上部が道路、下部が鉄道という構造ですが、道路は2車線で鉄道も2線、瀬戸大橋の半分の幅です。橋の下を船が航行する可能性もあるので、鉄道部は海面から40メートルの高さを確 …

ここは都会なのか、田舎なのか

「A列車で行こう9」ですが、人の動きに関する数字がめちゃくちゃです。 一見、高層ビルが林立する都市なのに、人口は4万2千人あまりで規模は「村」。 ところが、ターミナル・川島駅の乗降客数は、なんとびっくり約89万人。 現実 …

とりあえずの時刻表

ダイヤグラム作成ソフト「OuDia」(take-okm氏作。http://homepage2.nifty.com/take-okm/oudia/)で作った時刻表の一部です。 「PrimoPDF」でPDF化を試みたんですが …

とりあえずの前面展望動画

川島市街地を南北に貫くJR江品線(川島~斎島)の前面展望です。

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © A列車で行こう 架空都市の旅 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.